引用元:https://twitter.com/MayaNakanishi/media

みなさんこんにちは。

今回は、12月1日の情熱大陸で出演される
中西麻耶(なかにしまや)さんについて、徹底解説をしていきます。

中西選手は、21歳の時に仕事中の事故で右脚下腿切断。
そこから、
日本パラリンピック走り幅跳びのトップランナーとしてその名を轟かせており、
2020年東京パラリンピックでの女子走り幅跳びの代表に内定しました。

そんな中西選手のあきらめずに努力する姿がかっこ良く、前向きな考え方にこころうた

 

例えば、
自分の信念を貫き続ける中西選手のシンプルだけど、力強い言葉があります。

努力や根性だけで、世界の頂点に立つことはできない。
そんな状況においても「誰が何と言おうと、やるか、やらないかを決めるのはワタシ」

引用元:https://www.mbs.jp/jounetsu/

そんな中西麻耶選手とはどんな方なのか?
経歴やプロフィールなどについても紹介いたします。

中西麻耶(なかにしまや)のプロフィールを詳しくまとめてみた!

引用元:https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%AD%E8%A5%BF%E9%BA%BB%E8%80%B6

まず、中西麻耶(なかにしまや)さんのプロフィールを詳しくまとめていきます。

名前:中西 麻耶(なかにし まや)

生年月日:1985年6月3日(34歳)

出身 :大阪生まれ、大分県由布市出身

身長:158㎝

学歴明豊高等学校(大分県別府市)
ソフトテニスの選手としてインターハイ及び国民体育大会に出場

職業 パラリンピアン
所属:うちのう整形外科

趣味 :ネイル

座右の銘:人生楽笑

中西選手は元々はソフトテニスの選手だったようです。
趣味がネイルということで、おしゃれも好きな方なんでしょうね。
座右の銘も、とても素敵な言葉ですね!

中西麻耶(なかにしまや)の経歴を調べてみた!輝かしい戦績に溢れる

引用元:https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%AD%E8%A5%BF%E9%BA%BB%E8%80%B6

中西選手は、すごい経歴の持ち主のようです。

2006年、勤務先での事故で右膝から下を失う大けがを負う

2007年、障害者陸上に転向するや、瞬く間に100 m、200 mで日本記録を樹立

2008年、北京パラリンピックに出場し、100m6位、200m4位

2012年、ロンドンパラリンピックにも、走幅跳、100m、200mの3種目に出場

2016年、リオデジャネイロパラリンピック走幅跳 4位入賞

2016年、日本パラ陸上競技選手権大会走幅跳 優勝

2017年、世界パラ陸上ロンドン走幅跳 3位

2018年、アジアパラ競技大会走幅跳 優勝

北京・ロンドン・リオパラリンピック日本代表。
日本記録・アジア記録保持者-5m51cm

2020東京パラリンピックの代表に内定!
おめでとうございます!

 

事故からわずか1年で、もう障碍者陸上に転向して、しかも結果を残すなんてすごいですよね!
落ち込んでいる暇もなく、前に突き進む強さがひしひしと伝わってきます。

中西麻耶(なかにしまや)が注目されるポイントをまとめてみた

引用元:https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%AD%E8%A5%BF%E9%BA%BB%E8%80%B6

中西麻耶さんの中学の時のすごいエピソード

中学の時からテニスに夢中になっていた中西選手は、テニスの名門「明豊高校」の入学を希望。
しかし、明豊高校は強豪が集まる狭き門で、中西選手の中学からは入ることは難しかった。

それでも中西選手は諦めることなく、明豊高校テニス部の監督に直接手紙や電話を掛け交渉をし、明豊高校のテニス部の選手との試合を実現させました。

そして勝ち、入学も勝ち取るという快挙を成し遂げています。

この頃からすでに、自分でチャンスを作って、そのチャンスをものにする強さが伺えますね。

高校のソフトテニス部ではインターハイや国体に出場し活躍されています。

中西麻耶さんの21歳の分岐点の壮絶なエピソード

高校卒業後、中西選手は塗装工の仕事をしながらテニスを続けていました。

しかし2006年9月工場内で作業中に突然5トンの重さの鉄骨が崩れ中西選手に直撃。

右足が潰れてしまったのです。

ソフトテニスの国体代表を決める大会の2日前の出来事でした。

救急搬送され医師から、
足の「切断」か「接合」するかを問われました。

接合なら、治療は最低でも2~3年の入院が必要で、もし順調に回復したとしても100%の体重を支えられるところまでの回復は無理だろう。

切断なら、治療期間も短く、義足で相当頑張ればスポーツも可能。

と言うことでした。

当時21歳の中西選手は迷わず、治療時間が短くスポーツ界に早期復活可能な足の切断に決めたそうです。

接合すれば、もしかしたら健常者として生活できるかもしれない?そんな希望もありましたが、
何よりも、「国体に間に合わせたい」という思いが強かったそうです。

サッと決断して、前を向く強さ。ただ者ではないですね。

そして傷が癒えるとすぐに義足を作り、復帰し始めます。
その時リハビリのために始めた陸上に手応えを感じ、とことん極めたいと思うようになります。

中西麻耶さんの強い心は考え方にある!

中西選手の強さは、考え方にもあるようです。

「ピークや限界を決めるのは本人であって、年齢ではない」
何かうまくいかないことがあっても、それを何かのせいにするという考え方はないという。

その理由を本人は、
子どもの頃、一番近くの友だちの家まで歩いて30分かかるような田舎で育ったため、何をするにも「足りない」状態が標準で、それを工夫して何とかするのが当たり前だったからだと分析する。

障害についても、「障害があるから、できなくてもしょうがない』
と言ってしまったら、もうそこですべてが終わってしまう。
そうではなくて、欠損してる部分があるんだったら残った部分でカバーすればいい。

とおしゃっています。

こういった考え方が根付いているから、人生の道がどんどん開けていくことにつながるんだと強く思いました。

こうした考え方は学ばなければいけないし、
ファンが多いのが良く分かります。

そして、次の言葉も印象に残ります。

人間、年をとってくると段々失敗したくない、恥をかきたくないと思うようになってきます。それを乗り越えるには、自分がもっと成長する為には「勇気を出す努力」を心がければ良いのではないかと思います。

引用元:https://tabicoffret.com/article/76478/index.html

中西選手は、
自信があるように見えて、自信がない自分がいる。
でも、「勇気を出す努力」をずっとやり続けてきたそうです。
これには才能も何も要らない。今日からすぐできる。

こんな中西選手の生き方に、背中を押される気がします。

中西麻耶(なかにしまや)は結婚しているのか?

引用元:https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%AD%E8%A5%BF%E9%BA%BB%E8%80%B6

とってもカッコいい!と男女問わず人気がある中西選手。

結婚してるのか?彼氏がいるのか?気になるところですよね。

調べてみると、結婚はされていないようです。
東京オリンピックに向けて照準を合わせているので、結婚というよりはまずは今は競技に集中することを優先するのでしょうね。

彼氏については分かりませんでしたが、
今は、何よりオリンピック!!!!!のことで頭がいっぱいかもしれません。

自分の事を、広くスポンサー企業の皆様や県民の方々に少しでも身近に感じてもらいたいという思いで、ミニライブなども開かれており大人気のようです。

そしてファンクラブがあるのもうなづけるほど、老若男女問わずステキな方だな。と思える人ですね!

中西麻耶(なかにしまや)のインスタグラムはかっこいい写真がたくさん!

引用元:https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%AD%E8%A5%BF%E9%BA%BB%E8%80%B6

中西選手のインスタグラムには、本当に絵になるようなかっこいい写真がたくさん載っています。

中西選手の色々な顔を見ることが出来ます。

惚れ惚れします!
カッコよすぎる!!!

参照元:https://www.instagram.com/p/BKY0NDPBPlH/?utm_source=ig_embed

本当に絵になる姿です!

写真だけでもその迫力が伝わってきて、力強さを感じますね。

参照元:https://www.instagram.com/p/BN_krKcD7SI/?utm_source=ig_embed

こんな普通の女の子の一面もあります。
ギャップがまたいいですね!
笑顔がステキです。

まとめ

引用元:https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%AD%E8%A5%BF%E9%BA%BB%E8%80%B6

中西選手は、
パラリンピックには、超人たちが世界中から集まってくる。考えようによってはオリンピック以上に人間の可能性を追求した大会だと思う。
とおしゃっています。

本当にそうだな!と思えるくらい人間の底力や可能性の大きさを見せつけられる迫力があります。

中西選手の今後のご活躍が楽しみで、ますます目が離せないですね!

では、以上になります。ありがとうございました。