引用元:https://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/

みなさん、こんにちは。

今回は10/17のカンブリア宮殿に出演される

(さだのぶたか)さんについて、記事で紹介をしていきます。

(さだのぶたか)さんは、低迷する紳士服業界に風穴を開けた企業、「オーダースーツSADA」の社長さん。

この会社は、オーダースーツチェーン店舗数日本一を誇る企業ですが、その歴史はまさに「茨の道」でした。

そんな、(さだのぶたか)さんの
プロフィール
経歴注目されている理由などをまとめていきます。

 

(さだのぶたか)のプロフィールは?

引用元:https://www.facebook.com/sandarsn/photos

まず、最初に(さだのぶたか)さんのプロフィールを紹介していきます。

名前:(さだのぶたか)

年齢:1974年生まれ

出身地:東京都

学歴:1999年に一橋大学経済学部卒

趣味:登山・スキー・マラソンなど

高校までサッカー部、大学時代はノルディック複合選手という体育会系。

自社オーダースーツPRの為、自社スーツを纏い、スキージャンプを飛ぶ、富士山に登る、東京マラソンを走るなど、とてもアグレッシブな方のようです。

(さだのぶたか)の経歴を調べてみた

引用元:https://www.facebook.com/sandarsn/photos

次に、(さだのぶたか)さんの経歴を話していきます。

大学卒業後、東レ株式会社でテキスタイル営業。
2003年、父に乞われ株式会社佐田入社。
2005年、代表取締役社長就任。

ここまで順調のようですが、

バブル崩壊で大手取引先そごう倒産をきっかけに経営が傾き
2007年 金融機関の債権放棄と共に、会社を再生ファンドに譲渡。
2008年、引継ぎを終え株式会社佐田を退社。

その後入社したコンサルタント会社は東日本大震災で倒産した。

そして、
2011年7月に東日本大震災で大打撃を受けた「佐田」の経営者から、再々生のため株式会社佐田に呼び戻される。

2012年代表取締役社長復帰。
2017
年7月期にはオーダースーツ業界ナンバーワンの直販店舗40を設置。

現在では自社をオーダースーツチェーン店舗数日本一に成長させている。

また、オフィシャルスーツサプライヤーとして
千葉ロッテマリーンズ、東京ヤクルトスワローズ、大宮アルディージャ、柏レイソルなど
数々のプロスポーツチームにスーツを提供している。

 

この経歴を見てみると、本当に波乱万丈ですね。

2011年に「SADA」に復帰してから、たった1年で社長に就任し、その後5年で目まぐるしいほどの業績を上げているとは、本当にすごい!!!

一度債権放棄という痛い目にあっているので、また社長をやり直すというのは並大抵の努力と気力がないとできないと思います。

(さだのぶたか)は結婚している?

引用元:https://www.facebook.com/sandarsn/photos

(さだのぶたか)さんが結婚しているかどうか、調べてみました。

「佐田」の経営者から、再々生のため株式会社佐田に帰ってきて欲しいと頼まれた時、

”夫人はもう苦労はしたくない、安定した生活が欲しいと大反対した”

というエピソードがあるので、奥様はいらっしゃるようです。

フェイスブックで6歳の娘さんとその下に息子さんがいらっしゃるようなことも書いてありました。

苦難の道を乗り越えられたのは、支えてくれる家族がいたからかもしれませんね。

(さだのぶたか)の年収は?

引用元:https://www.facebook.com/sandarsn/photos

現在では自社をオーダースーツチェーン店舗数日本一に成長した、SADA(株式会社佐田)社長の年収はどれくらいなんでしょうか?

非上場のため役員報酬は公開されておりませんでしたので、あくまでも予想にすぎませんが、

色々調べてみると、

飲食店10店舗を経営する社長さんの年収が3500万程度。

そして、300〜999人の従業員を持つ経営者の平均年収は4043万円。とあります。

「SADA」は従業員146名(グループ全体 626名)で、40店舗のお店を持っています。
他にも、数々のプロスポーツチームにスーツを提供したり、本も出版されているので、

5000万円以上は確実にありそうですね。
1億超えていることもありえるのではないかと思います。

でも、ここまで来るのは相当のプレッシャーから這い上がる力があったからですね。

(さだのぶたか)はどのようにして会社を再生させたのか?

引用元:https://www.facebook.com/sandarsn/photos

佐田さんは、大変なおじいちゃん子だったそうです。

満州で戦っていて、生きて帰ってきた戦争経験者の祖父の教え

「男なら、迷ったら茨の道を行け!」

の言葉に支えられてここまで来られたとのこと。

そして、様々な経営の見直しをされたようです。

◆営業の見直し

経営状態はボロボロという状態の中で会社に呼び戻され、

どうせダメなら足掻こう、足掻くなら会社で一番どうにもなっていないところをと思い営業に力を入れる。

社員にも「営業はNOと言われてからが営業」と何度も提案に行くよう伝える。

 

◆製造直売に転換し、低価格化

難しい素材や仕様の品は国内工場で、それ以外は中国工場が生産する分業体制を作り、

提供価格は2万4000円(消費税抜き)からの低価格の実現。
より多くのユーザーがオーダースーツでビジネスシーンを飾れるようにした。

 

◆量を追えば質が付いてくる

仕事は、出足と手数とPDCAサイクルです。
「やった方がいいよね。でも…」と言っていてはうまく行きません。
出足が遅いと手数を尽くせない。
また、質を追う人には量はついてこないけれど、量を負う人には質がついてきて、両方を満たすことができるようになります。
量を追ったら必ず、PDCAサイクルを回すことが必要です。
PDCAを回さないと失敗を量産するようになってしまいますから。
これを短いサイクルできっちり回して、手数を尽くせばうまく行きます。

「常に環境変化する以上、現状にしがみついていては時代に取り残される」「唯一生き残るのは変化できるものである」。

と佐田さんはおしゃっています。
とても力強い言葉ですよね。
これは仕事だけでなく、生き方にも言えることかもしれません。

(さだのぶたか)は、書籍を出版している

(さだのぶたか)さんは、本も出版されています。

「迷ったら茨の道を行け 紳士服業界に旋風を巻き起こすオーダースーツSADAの挑戦」

引用元:https://www.facebook.com/sandarsn/photos

「現実は小説より奇なり! 」テレビドラマのような、現実にあった中小企業再生劇が描かれています。

経営や事業承継に悩む中小企業経営者のみならず、人生に悩む多くの若者にも勉強になりそうな本ですね。

(さだのぶたか)のFacebookにはスーツで登山の様子も!

佐田さんはフェイスブックもされていて、スーツで登山する様子や、イベントなどの写真も見ることが出来るので、面白いです。

先週末に移転オープンした、SADAの新生熊本店を店回り!オーダースーツSADA熊本店は、通町筋のaune(アウネ)熊本2階に移転オープン!見える範囲の移転ですが、より明るく、より広やかな店舗に生まれ変わりました!https://www.o...

佐田 展隆さんの投稿 2019年10月8日火曜日

格安スーツとは思えない、高級感あるお店の雰囲気が伝わりますね。

 

SADAのオーダースーツで、槍ヶ岳〜奥穂高岳〜西穂高岳の縦走を完遂し、無事に下山することが出来ました!SADAのオーダースーツは、日本5位の高峰・槍ヶ岳に登っても、日本3位の高峰・奥穂高岳に登っても、ジャンダルムに登っても大丈夫です(^ ^)また、後日、動画は、オーダースーツSADAチャンネルにアップしますので、こちらも是非、ご覧下さい!https://www.ordersuit.info/movie/

佐田 展隆さんの投稿 2019年8月11日日曜日

山の壮大な景色をバックにスーツ姿の社長がとても爽やかです。

着心地が良くないと、こんなこと笑顔で出来ませんね。

実は私、今日が誕生日なのですが、凄い誕生日プレゼントを神様がくれました!スキージャンプの「レジェンド」葛西紀明選手が、SADAの札幌駅前通店にお越し下さったのです!私も駆けつけ、記念撮影!スキージャンプをやっていた者として、こんな嬉しいことはありません!必ずご満足頂けるよう、宮城工場にも良い仕事をして貰います(^ ^)

佐田 展隆さんの投稿 2019年9月23日月曜日

スキージャンプの「レジェンド」葛西紀明選手も、お店に訪れているようです。
幅広い交友関係ですね。

まとめ

引用元:https://www.facebook.com/sandarsn/photos

では、今回のまとめの方に入っていきます。

今回の記事では、「オーダースーツSADA」の社長さんである、

(さだのぶたか)さんの詳しいご紹介でした!

波乱万丈な人生から這い上がる姿勢は、色々と学べることが多いですね!
次回のカンブリア宮殿の放送が楽しみです!

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。