引用元:https://twitter.com/hashtag/%E5%A4%A7%E5%9F%8E%E5%92%8C%E6%81%B5

みなさん、こんにちは。

今回は、9/8の情熱大陸に出演される

大城和江(おおしろかずえ)さんについて、書いていきます。

大城和江さんは、日本人初の国際山岳医となった方です。

現在、医療情報、心臓死の予防、高所登山のアドバイス、ファーストエイド技術の講習会主宰など、山と登山に関する多方面で活躍。

大城和恵さんのプロフィールや経歴、山岳医になった理由などをまとめていきます。

大城和江(おおしろかずえ)のプロフィールは?

引用元:https://twitter.com/hashtag/%E5%A4%A7%E5%9F%8E%E5%92%8C%E6%81%B5

名前:大城和江(おおしろかずえ)

年齢:1967年(51歳)

出身地:長野県長野市

学歴:日本大学医学部卒業

資格:医学博士・山岳医療修士

趣味:登山(山登りが好きな父親の影響)
マッキンリー、マッターホルン、マナスル(世界第8位)登頂など海外を含む豊富な登山歴を持つ。

趣味が「登山」というのは納得しますね。
自らが登山好きだからこそ、山岳医という道に進んだことが伺えます。

大城和江(おおしろかずえ)の経歴を調べてみた

引用元:https://twitter.com/hashtag/%E5%A4%A7%E5%9F%8E%E5%92%8C%E6%81%B5

日本大学医学部卒業後、
循環器内科医として約10年間の付属病院勤務

その後
「山での遭難者を助けたい」という思いを募らせて
本格的に山岳医療の勉強を始め、
イギリスへ留学。

日本人初の国際山岳医となる。

現在は
北海道大野記念病院の循環器内科・登山外来に勤務する傍ら、
北海道警察山岳遭難救助隊のアドバイザーも務める。

<専門>

  • 日本循環器学会認定循環器専門医
  • 日本内科学会認定内科専門医
  • 日本体育協会公認スポーツドクター
  • 日本プライマリ・ケア連合学会指導医・認定医
  • 日本医師会認定産業医

すごい経歴の持ち主ですね!
探求心が旺盛であることが伺えます。

大城和江(おおしろかずえ)の活躍は?

現在、
医療情報、心臓死の予防、高所登山のアドバイス、ファーストエイド技術の講習会主宰など、
山と登山に関する多方面で活躍。

2013年には
冒険家・三浦雄一郎80歳のエベレスト登頂(8163m)にチームドクターとして参加。
86歳で南米最高峰のアコンカグア登頂に挑戦した際、標高6000m地点で血圧が上がり不整脈が出始めたことから心肺停止する恐れもあると判断し下山させた。

その他、
世界の果てまでイッテQ!の、’13年秋に敢行したイモトアヤコのヒマラヤ山脈・マナスル登山(登頂まで約1カ月間。
標高8,000メートル)にチームドクターとして参加。

歩くスピードや水分調整、酸素ボンベの残量チェックなどでケアをし、登頂を成し遂げた。

大城和江(おおしろかずえ)が山岳医になったきっかけは?

引用元:https://twitter.com/hashtag/%E5%A4%A7%E5%9F%8E%E5%92%8C%E6%81%B5

幼い頃から友達とスキーや登山をしたりして、身体を動かして遊ぶことが好きで、

お母様が病院に通う機会が多く医者に対する憧れは幼い頃からあったそうです。

大学時代にネパールでの登山中に高山病患者に出会った時に、自信を持って治療出来ず悔しい思いをしたのが山岳医を志したきっかけ。

 

大城和江(おおしろかずえ)の活動状況は?

引用元:https://twitter.com/hashtag/%E5%A4%A7%E5%9F%8E%E5%92%8C%E6%81%B5

大城さんの活動は幅広く、
北海道警察山岳遭難救助隊のアドバイザーも務め、
遭難実態を知り、現在遭難しないための医療情報、
心臓死の予防、高所登山のアドバイス、
ファーストエイド技術の講習会主宰など、
山と登山に関する多方面で活躍する。

大城さんは、今年5月17日、世界最高峰のエベレスト登頂に挑み、成功しました。

まったくのプライベートであり、総額700万円の費用の一部は借金しての挑戦でした。
ルートは難易度の高い中国・チベット側から。

エベレストに挑戦した思いを次のように語られています。

「生きていく限界の高所で酸素ボンベをどう使えば、トラブルなく登頂できるか――。治療のためにも、自分の体で試したかった。山頂に立ったときは、とにかくうれしくて。山岳医として、エベレストに登っていないという物足りなさもようやく解消されました。」
引用元:https://jisin.jp/domestic/1683052/

身をもって体験し、山岳医としての知識を広めていく姿勢に、とても感銘を受けます。

1年の3分の1は山に入っているという大城さんは、とにかくエネルギッシュな方です!

大城和江(おおしろかずえ)は結婚している?

引用元:https://twitter.com/hashtag/%E5%A4%A7%E5%9F%8E%E5%92%8C%E6%81%B5

 

大城和恵さんを調べていても家族に関することは全く出てきていません。

登山や医学について深く追及されているので、
お忙しい方だと思われます。

いわゆる一般の結婚の形ではなく、
違う形を選んでいてもおかしくはないですよね。

とにかく、笑顔も魅力的で、
とても聡明そうで、おキレイなので、
周りがほっておかないでしょうね!!!

大城和江(おおしろかずえ)年収は?

登山外来へようこそ【電子書籍】[ 大城 和恵 ]

価格:994円
(2019/9/2 16:34時点)


お医者様というだけでも、素人感覚では高収入!
と思ってしまいますが、
大城さんは、他にもたくさんご活躍されています。

50代の女性医師の平均年収は1500万円ぐらいらしいですが、

ただ、一年の3分の1ほど山に入っているので、
勤務医としての収入はどうかな。と思います。

しかし

病院でのお給料以外にも、
番組の登山帯同など活動の場は多いし、
講演会や本も出版されているので、

少なくても1500万円以上ではないかと予想します!

あくまでも私の予想ですが、、、

ですが、山岳医としての経験のために
自腹で様々な山での現場に行ってることを考えると
かなりの支出も考えられます。

やはり好きだからこそできるお仕事ですね。

大城和江(おおしろかずえ)ツイッター

活動情報や写真など掲載されています。

冒険家・三浦雄一郎80歳のエベレスト登頂の事も、
載っていますので、是非見てみてください

三浦雄一郎さんが、80歳でエベレスト挑戦ということで話題になりましたが、

そのチームドクターだったなんて、すごいですよね!

病院嫌いの三浦雄一郎さんが、
「先生が言うなら」と信頼を置いているそうです。

まとめ

引用元:https://twitter.com/hashtag/%E5%A4%A7%E5%9F%8E%E5%92%8C%E6%81%B5

今回は、情熱大陸に出演される、

大城和江(おおしろかずえ)さんのまとめを書きました。

山岳医って馴染みがありませんでしたが、

登山者の命と向き合う、心強いお医者さんだということが分かりました。

大城さんの山岳医としての目標は、

山岳遭難が少しでも減ることで、そのために草の根的な活動でも、予防に力を注ぎ社会の役に立ちたい。

とのことです。

情熱大陸では、
医療器具が少ない診療所で、登山者の病気や治療にたった一人きり、24時間体制で向き合う姿が放映されます。

今後のご活躍が楽しみですね!

では、今回は以上です。ありがとうございました。