薄毛に悩んでいる方が数多くいらっしゃると思います。育毛剤や薬など色々と試しているかもしれません。しかし、発毛剤や薬の効果は人それぞれで絶対に効果が出るとは限りません。そんな中で今施術をしている方が多くなってきている自毛植毛がオススメですよ。

薄毛治療病院で出来る植毛とはどのようなものか

男性にとって薄毛に見舞われるのはとても辛いものです。特に仕事やプライベートで人と会う機会が多い人にとっては第一印象を決定付ける頭髪が薄いというだけで精神的に自信が持てなくなったり、相手の目線が頭部に及ぶことが気になってしまいかねません。また、毎日の鏡に映った自分の姿を見るだけでストレスが増して更なる薄毛を助長することもあるでしょう。こういった時には薄毛治療専門の病院を受診することで然るべき対策を講じることが可能です。医師の問診や触診などを通じてその原因を特定し、的確な治療法を試していくことによって大きな改善効果が得られるはずです。

薄毛の原因としては、主に頭皮の汚れや血行不良などによる薄毛や、あるいはAGAなどの病気が引き起こしたりするケースが一般的です。薄毛治療の専門病院ではこれらに対処する治療法を提供するわけですが、もしも毛根がすでに失われてしまっている状態であれば、そこからの育毛や発毛は難しいでしょう。というのも、いくら専門的な治療を施そうにもそのおおもとである毛母細胞や毛乳頭がなければ毛は育たないからです。

そんな時に遺されている解決方法として有効なのが植毛です。病院では主に人工毛や自毛による植毛を提供しており、患者の予算やニーズに合わせてどちらが適しているのか、あるいは人工毛であればどの種類の毛が好ましいのかを選択していきます。人工毛の場合には、最近では品質も極めて高く、本物の頭髪と全く見分けがつかないほど。ただし異物を頭皮に植え付けることになるので一年や二年ほどで抜け落ちていくこともあり、タイミングを見て植え替えることが必要です。

一方、自毛の植毛は遺伝子的にも自分に適合していることもあり、きちんと定着して成長していく可能性が高いと言われます。ただし一本あたりの費用は高く、その点、予算に沿った決断が必要となることでしょう。